道 -Tao-

タオの在り方にいちばん近いのは
天と地であり
タオの働きにいちばん近いのは
水の働きなんだ

そして タオの人がすばらしいのは
水のようだというところにある

水ってのは
全てのものを生かし、養う
それでいて争わず、威張りもしない
人の厭がる低いところへ
先にたって行く

水はよほどタオの働きに
近いんだ

上善如水。水善利萬物、而不争。

タオ 老子」 加島祥造 著 より

詩人である、加島祥造さんが老子の残した言葉を現代語訳された詩集「タオ 老子」からの一文。

 

私もこうありたい

 


“道 Tao”とは?

と問われた時、何と答えて良いか、難しいものです。

“道 Tao”とは eternal 永遠なるもの
宇宙が生まれる前からあるもの
宇宙が無くなってしまってもあるもの
味も形も色も匂いも温度もない 空 empty
不変の領域であり 全てを統一するもの
神羅万象を創り出す 母 Mother
全ての人の中に内在する 大いなる神秘
その人その人 各々の人生
宇宙の源であり、生命 Life そのものである



こう並べてみるが 
“道 Tao”とは 理解することができないものである

私の師はそう教えてくれました。

 

“道 Tao”を知りたいのなら 自然界を見つめよう。

海や山、森や動物たち、風や水の流れ、夜空に輝く星々の法則・・・
自然界は 道Tao を体現したものの集まりです。
自然へと繋がると、“道 Tao”を思い出せる気がします。

古来中国の仙人であるタオイスト達は、自然を観つめ、そして真似ることで、“道 Tao”に気付き、不老長寿の術を習得していったといいます。
万物、全てには陰陽の側面があり、更に五行、木・火・土・金・水と五つの性質(エレメント)に分けられることを導き、わたしたち人間もそれと同じであることを感じ、生命の氣(エナジー)の仕組に気づいていきました。
更に、人間は天と地と繋がっていること、人間の身体は “精・氣・神” の “三宝” で成り立っていること、この三宝が人間をかたちづくり、健康、活力、精神のあり方の根源にあること、などなど、壮大で素晴らしい叡智の数々を、今日の私達に伝え続けてくれています。

 

“道 Tao”を知るということは、自分を知るということ。

“道 Tao”に触れることで、本来の自分に気が付き、
“道 Tao”に触れるたびに、どんどん本当の自分、心からの歓びに満ち溢れた自分でいられるのだと思います。

人は、人間同士の営みの中で、自分からも“本当の自分”を隠そうとしてしまいます。

自分の身体の声を聞くことで、本当の心の声が聞こえやすくなるそうです。

自分の身体を労わり、癒やしていくことで、身体との対話が生まれます。
癒やされた身体は、心を癒やし心の奥の扉を開き、開かれた心から本来の自分の想いが溢れ出し、身体と心と精神 が繋がり、“真我”である“本当の自分”に還ることができるだと思います。

 

自然界と自分とを調和させることは、身体と心を同時に癒してくれるように感じます。

自然に身をおき 五感で感じ 心地よく呼吸をしていると、
どんどん癒やされていく自分がいます。
偉大なる大地の鼓動を感じ自分と重ね合せると、自分の全てが開かれて、開かれた内へ自然が溶込み、開かれた外(自然界)へ自らが溶け込んで、一つになります。
自らを分けるものが無くなり、自らのまま(然)になる。

自らのまま “自然” であることが、何よりも 心と体を癒す術なのだと思う。

そんな自然であれる叡知を、古来タオイストは現代の私たちに授けてくれました。

その叡智は、TaoYoga Arts タオヨガアーツ で 中国の伝統的なヨガ(自己養生法)として学ぶことが出来ます。

詳しくはTaoYogaのページへ

 

自然との調和 は “道 Tao”との調和 である。

そして、“道 Tao”との調和 は 真の自分への回帰 。
“道 Tao” と調和された時、どんな感情があふれ出すのか、私は体験してみたいです。

そこからの景色はどんなものか見てみたい。

 

 

古代中国では、シャーマンが、タオイストヨガ・瞑想・黙想・自然と宇宙の観察などに没頭するために雲に覆われた神聖な深山に住んでいた。
彼らは自然を崇拝し、練習を通して自然と宇宙の根源に繋がることを認識した。

この神聖な根源を何と呼ぶのかは定かではないが、彼らは単に「道」と呼んでいた。

TaoYoga Arts ホームページより 

 

 


 

TaoYoga   TaoYoga Emiko.K