一番したかったこと

4/3 沖縄のおばぁ(沖縄で“ユタ”=シャーマンっをされている方)に合ってから、脱ステロイドが始まった。

なぜか素直に受け入れてしまった私と、どうしても不安がぬぐえない私と二人で始めた感じだ。。。

3日目にして、顔が真っ赤になり、目もはれぼったく一重になってしまった。
そこから日に日に顔が腫れて、ジンジンと痒みを超えて痛い。
身体は痒くて痒くて仕方がない。

おばぁに、掻くんじゃないよ、と言われているけど、癖で掻いてしまうし、寝ているときは無意識に掻きまくっている。(「かく」を変換すると「描く」になる。これだったらどんなに良いか)

早くもくじけそうで、世界の中心で悲鳴をあげている。

おばぁに教えてもらったことを実践するのが難しい。と感じてしまう。

なので、ブログを書いて自分を励まそうと思う。

素晴らしい気付きを、苦しみで消えない様に書き溜めておく。

***

脱ステを始めてまず気付いたことは、

顔の浮腫みとジンジンで、食事が、食べたいものが変ったことだ。
こってりとしたもの、しょっぱいもの、甘ったるいものが食べたくない、食べたくないというより怖ろしくて食べられない。

これまで、ステロイドで湿疹を抑えていた時は、ダメだダメだと思いながら、甘いものやスナック菓子を毎日食べていた。
「ダメだと思いながら食べる」これが一番最悪。
自分を苦しめていた。

今はあっさりしたもの、野菜や果物が食べたいと思うし、すごく美味しく感じる。
元々嫌いではないけど、これだけでは、満足できない自分がいたのに、今では大満足。
これ以上食べたくない。

そう、私は今まで、自分の身体の声が聞こえていなかった。
心・身体・精神の統合?ちゃんちゃら可笑しい。

今、私が世界の中心であげている悲鳴は、
ずっとまえから私の中心であげられていた悲鳴だ。

ステロイドに甘えて、やりたい放題だった。

麻酔がかかっている身体に、石を投げつけて遊んでいるようなものだ。ひどい。

***

きっと、私が一番やりたかったことは、これ「身体の声を聞くこと」だったんだ。

身体の不調からおさらばしたい!




雪解けの庭

実家の庭先

心地よい陽射しの中、雪のとけゆく音を聞きながらの TaoYogaは最高でした。

2019.3.10 雪解けの庭

田舎の住宅街の小さな庭先なんだけど、やっぱりお外は自然を観じやすくて気持ちが良いなぁと実感しました。

頭が働き出しても、自然界からの音が引き戻してくれる。

雪から水に変わって滴る雫の音、柔らかい陽射しと風、小鳥やトンビの鳴く声が聞こえてくると空高く自分も舞い上がる。

春の喜びを、全身で感じることができました🌸

2019.3.10 君子蘭

家の中でも春の陽気が満開です😊

3月は変容の月のようで、色々と慌ただしくしています。

えみこK TaoYoga 練習会も、これから外でのワークを計画していきます🌈✨😃

お楽しみに🌸


えみこK

プレオープン

今日は新月です🌚

新月は0。

新しくスタートするには丁度良い日です。

ということで、新しく作った、えみこKのホームページ 「道 と 絵 と。」スタートです。

色々と試行錯誤中で、これからどんどん? マイペースに更新していくので、皆さまよろしくお願いします🌸

OiL Painting 2012 – 光 –

えみこK